2010年02月25日

暖かすぎる気候

庄原市東城町久代に自生している福寿草。

福寿草は広島県の準絶滅危惧種にも指定されています。
この地域ではミチノフクジュソウの原種が、約1.5kmにわたり自生しています。
例年は3月上旬に咲始め、4月中旬まで楽しめるはずの花。


しかし、保存会の方によると、
「もうすでに咲きはじめていますよ」という報告が!!がく〜(落胆した顔)


福寿草 (1).JPG


そういえば、
ここ2,3週間の気候は屋外でも汗ばむような春過ぎの暖かさ晴れでした。

3月27日、28日には、「ためしげ福寿草まつり」を行う予定なのですが、
この調子で咲いていくと厳しいというお話もいただきました。



・・寒くなって下さい雪と祈るばかりですあせあせ(飛び散る汗)



問合せ

為重自治振興区 08477-2-2784

広報部 050-1566-3340
posted by 庄原口コミ情報管理人 at 09:30| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

フクジュソウ 残雪に「春」
(中国新聞'10/3/13)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201003130068.html

Posted by 東城の人 at 2010年03月13日 12:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。